医者が教えない精神科のこと |メンタルクリニックDr's INFO | 精神科・心療内科

医者が教えてくれない精神科のことを医師がわかりやすく解説

New Topics

  • サイトリニューアルにつき一部表示がおかしい部分がありますが順次修正していきますのでご了承ください。
  • メンタルクリニックDr's INFOは「医者が教えない精神科のこと」にリニューアルされました!

RECENT ARTICLES

2月1日 クリニックを開院致します
102

2月1日 クリニックを開院致します

↑クリックすると公式HPにリンクします。 診療予約受付中です。 通常の精神科心療に加え、光トポグラフィー検査やTMS治療(一部自費診療)なども導入致します。 診療時間および電話受付は平日10-19時です。 開院準備のためしばらくブログ更新のスピードは落ちてしまいますが、コメントは返していきますので今後ともよろしくお願い...
レメロンの半減期と効くまでの時間
160

レメロンの半減期と効果がでるまでの時間 -医師が教える抗うつ剤-

抗うつ剤といえばSSRIエスエスアールアイやSNRIエスエヌアールアイに分類されるお薬が主に使われています。 レメロンはNaSSAナッサ(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)と呼ばれる新しい抗うつ剤です。 半減期はんげんきとは、血液に吸収されたお薬の成分が半分に減って効果が弱くなるまでの時間をいいま...
セロクエルの効果と特徴
400

本当に効かない?セロクエルの効果を理解するために -医師が教える非定型抗精神病薬-

セロクエル(一般名:クエチアピン)は非定型抗精神病薬に分類される主に統合失調症のお薬ですが、双極性障害やうつ病にも効果が期待できます。双極性障害の躁状態やうつ状態、抗うつ剤に対して増強療法として用いられるセロクエルの効果と特徴についてわかりやすくまとめています。
双極性障害の治療薬と副作用
736

双極性障害(躁うつ病)の治療薬と副作用をわかりやすく解説

双極性障害(躁うつ病)の治療の中心は気分安定薬と非定型抗精神病薬です。うつ状態と躁状態の波もあり状態によって薬を使い分けていく必要があります。ここでは双極性障害で用いられるこれらのお薬の特徴と注意点を解説します。
お知らせ
191

お知らせ

光トポグラフィー検査とは?検査結果の見方と精度
750

光トポグラフィー検査とは「結果の見方とその精度は大丈夫?」

光トポグラフィー(NIRS)検査は精神科・心療内科での診断を視覚的に補助するということで注目されています。2014年4月からうつ病に対して保険適応となったこともあり、導入しているクリニック・病院も増えてきています。光トポグラフィ検査の概要、結果の見方や精度、導入している医療機関を紹介します。
リストカットするのは人格障害
512

リストカット(リスカ)するのは人格障害か? -彼女にリスカされる男たち –

リストカットなどの自傷行為を行う女性の特徴について解説します。しばしばボーダーなどの人格障害の診断がついています。またたびたび自殺未遂や自傷行為を起こされる男性側からの立場でも解説します。
リストカットの心理と対応
1875

自傷行為やめられない! リスカ(リストカット)/アームカットの心理と対応

リストカットは若い特に女性を中心に認める手首の自傷行為です。「リスカ」などと呼ばれることもあります。リストカットはそれ自体が病気だと言うわけではありませんが、当人としては強い生きづらさを持っています。依存性も強いリスカをの心理や解決について解説します。
コンサータの効果と特徴
1541

【抗ADHD薬】コンサータの効果 -医師が教えるADHD治療薬-

コンサータはADHDのためのお薬で、ドパミンやノルアドレナリンを増強し子供はもちろん大人のADHDを改善させます。1日1回の服用で良く、子供が学校で再度服用しなくてよいところも利点です。コンサータの注意点は、依存性と乱用のリスクがあるため、登録された機関でないと処方してもらうことができません。
ストラテラの副作用
3075

ストラテラの副作用と対策・飲み合わせ -医師が教えるADHDの治療薬-

ストラテラ(アトモキセチン)はADHD治療薬の1つです。ADHDの症状である不注意・多動・衝動性に効果がありますが、同時に食欲不振や吐き気、眠気、頭痛などの副作用を起こしやすいのも特徴です。ストラテラの副作用とその対策、他の薬との飲み合わせについて解説します。
Return Top