医者が教えない精神科のこと |メンタルクリニックDr's INFO | 精神科・心療内科

医者が教えてくれない精神科のことを医師がわかりやすく解説

【アルコール依存症Q&A】専門医に聞く 「これってアル中?」

このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
【アルコール依存症Q&A】専門医に聞く 「これってアル中?」
[char no=1 char=”Dr.I”]質問はコメント欄へお寄せください。[/char]

一般的な質問

アルコールを飲めばよく眠れます。アルコールを睡眠薬代わりに使ってもいいですか?
「寝酒」という言葉があるように、確かにアルコールには一時的に脳の興奮を抑えて、入眠を誘導しやすくなりますが、後半の方に浅い睡眠が多くなってしまうという困ったことがあります。「寝るためにアルコールを飲んだ」つもりが「睡眠の質は下がっていて脳や体は休めていない」という状態に陥ってしまっているわけですので、答えはNGですね。アルコールと睡眠についてはコチラに記事があります。
女性は男性よりアル中になりやすいとききましたが本当ですか?
女性の肝臓の大きさが男性に比べて小さいことや、女性ホルモンの影響もあり、男性よりも短い期間でアルコールへの依存を形成すると言われています。つまり、本当です。

私はアルコール依存(アル中)ですか?

私はアル中(アルコール依存)でしょうか?

  • 朝から夜まで空腹を感じると食事と一緒にアルコールをとりたくなります。仕事をこれから始めて、仕事中にもアルコールを欲するのではととても心配です。
  • 缶ビール2,3本でいつもやめようと思うが5本くらい飲んで主人と喧嘩してしまうことがあります。
  • 毎日缶ビール3本を飲んでいます。週末は3L近くいくこともありますが、週に2日は休肝日をつくっています。
実は、アルコールを何L飲んだらアルコール依存症という診断基準はありません。しかし、WHOで、純アルコール換算20g以下が適量飲酒、60g以上が多量飲酒と言われているので、多量飲酒の状態が長く続くようであれば、やはり依存症の可能性は高いといえるでしょう。飲酒量の評価の仕方については、コチラの記事をご参照下さい。

ちなみに、ICD-10におけるアルコール依存症の診断基準によると、

  1. 強迫的な飲酒欲求
  2. 飲酒のコントロール障害
  3. 離脱症状
  4. 耐性の増大
  5. 飲酒あるいはその状態からの回復に一日の大部分を消費してしまう状態
  6. 身体的・精神的に問題を抱えているにも関わらず飲酒

上記6項目のうち3項目を満たすこと、とされているので、もし依存症かな?と思ったらこの診断基準に当てはめて考えてみる、そしてもし当てはまったら病院(できればアルコール専門の病院)に相談してみるというのが良いのではないでしょうか?

妊娠出産でお酒を控えていたものの、現在は子供が寝てから結構な量を飲んでしまいます。具体的にはスパークリングワインを1本、缶ビールを1本、赤ワインを1杯を毎日です。問題なのは、育児や仕事に支障はないものの、子育てしながらこのような毎日でいいのかと後悔している自分がいることです。ちなみに独身の頃から同じくらい飲んでいましたが後悔することはありませんでした。週に1度くらいは休肝日を設けていますが、それ以外は毎日このような感じです。アルコール中毒の疑いを持って、病院などで相談した方がいいでしょうか?
夫は私のことを「飲んでも問題の行動は起こしていないし、いろいろストレスもあるだろうから自分で考えて飲めばいいんじゃない?」とあまり問題視はしていないようです。
量としては多量飲酒に入ると思われます。依存症と断定できるわけではありませんが、早めに病院で相談するに越したことはありません。ただ、いきなり病院に行くのがハードルが高いと感じるならば、まずは各自治体にある保健所窓口に相談してみてはいかがでしょうか?

家族のアルコール依存に対する質問

夫の相談です。隠れて飲んだり、「一緒に飲もうね」と約束してとって おいたブランデーを勝手にあけて飲んだりしています。普段約束を破る人ではありません。主人をアルコール依存として病院に連れて行った方がいいですか?
かなりアルコール依存症の疑いは濃いと思われます。しかし、その状態だと「アルコール依存症だと思うから病院に治療に行こう」と言っても素直に聞いてくれるかどうかはちょっと微妙なところかもしれません・・・。もし聞いてくれたら当然、病院に一緒に連れて行ってあげるのが良いかと思いますが、もし拒否された場合は、奥様だけでも都道府県の精神保健福祉センターや保健所などで行われているアルコール家族相談に足を運んでみてください。私のところでも相談をお受けいたします。<新宿ストレスクリニック 医師:石川慧璃、0120-772-248>
20代前半から毎晩飲み歩いて強いお酒もがぶがぶ平気で飲みます。今はまだ若いとしても、こういう生活を続けていると30代、40代~それ以降は身体にガタはきますか?どんな症状・病気が出てきますか?
アルコールを長期に多量にわたり摂取していると、全身ありとあらゆるところに病気が出てきます。
肝臓やすい臓の病気が一般的ですが、肝臓だと、肝機能障害→肝硬変→肝癌と進んでいきますし、すい臓だと急性膵炎→慢性膵炎→すい臓癌と進みます。アルコール専門治療をやっていると、20代でも肝硬変になっている人も多く見かけます。他にもアルコール心筋症、アルコール性認知症、アルコール性うつ病、アルコール性末梢神経障害(手や足などのしびれ、痛みなど)等多彩な症状が出てきます。
母は一度お酒を飲み出すとふらふらになるまで飲んでいます。家事をしながら飲んだり、家事をあまりしなくなったりしています。何度も「もう飲まないから許して」と言うのですが、結局飲酒するのでもう信用していません。最近は昼間に家族がいない時間帯に飲んでいたり、体調不良でパートを休んでいるのに昼間から飲んでいることもありました。こちらは母の表情や態度で飲酒したことがすぐわかるのに「飲んでない」の1点張りです。母の飲酒が度を越すようになってから私自身、眠れなかったり体調が悪くなったりするようになり心療内科で治療を受けているのですが、今も母の飲酒後の姿を見るだけで息苦しくなったりしてしまいます。この母の状態はアルコール依存症になるのでしょうか。もしそうだった場合、家族はどう対処すれば良いのか、依存症から抜け出すためにはどうすれば良いのか教えていただけませんか?
かなりご苦労されているのですね。お母様の状態としては、文章から察する限りでもかなりアルコール依存症の疑いは濃いと思われます。お母様がアルコール専門病院に一緒に行ってくれればベストですが、それが難しかった場合、まずは悩んでいるご家族だけでも、県の精神保健福祉センターや保健所の家族相談につながってみて下さいね。アルコール依存症家族のための自助グループというのもありますよ?(コチラの記事参照)
同居している義母(60代)がアルコール依存です。もう昔からで20年以上です。警察のお世話になることもあり困り果てています。義父が家に居るときは飲ませないようにしていますが、義父の目を盗み外へ買いに
行きます。つい先日義父と二人で近所のスーパーへでかけ、帰り道がわからなくなり発見されたのは9時間以上たって自宅から遠く離れた電車で2駅くらい先で、自転車に乗っていたそうです。警察からの連絡で家族が車で迎えに行きました。
私は嫁の立場で何も言えませんが、義父は病院に行かせたりなどしたが改善せず中断。今さらと言う感じで何もしません。
警察沙汰になるといつも嫁の私に連絡が入ります。アル中だけでなく認知症のような症状がでていますが、この先どうなっていくのでしょうか?
義母は一日中家にいますが、家事全ては義父がやっています。断酒会に連れていったりしたいですが、義父に言っても駄目で義父や同居の義妹は色々調べたけど「無理!」の一点張りです。
お義母様の件だけでなく、他のご家族との認識のずれについても悩まれているようですね。ただ、まず問題意識を感じているあなたが、家族相談に足を運んでみましょう。アルコール依存から認知症の症状が出ている場合、本当にアルコール性認知症になってしまっている場合と、アルコールの影響で一時的になっている場合とがあります。まずは、断酒に持っていけることが大事なので、あきらめずにアルコール専門病院にかかることが大事です。断酒した上でそれでも、認知症症状が持続している状況の場合に関しては精神症状が落ち着くまでは病院、落ち着いてきたら退院して介護サービス等の適応になってくるかと思いますが、断酒してしばらく経つと回復してくる事例も数多くありますので、その場 合、是非自助グループにご家族が付き添ってあげる体制を作れると、断酒のモチベーションが長く続くと思われます。そもそも病院に行きたがらないけど、酒がやめられない、という状況の場合はコチラ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントはこちらからお願いします

*
*
* (公開されません)

Return Top