医者が教えない精神科のこと |メンタルクリニックDr's INFO | 精神科・心療内科

医者が教えてくれない精神科のことを医師がわかりやすく解説

【レクサプロ錠の用法 ・ 他の薬の飲み合わせ】を医師がわかりやすく解説します

このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
【レクサプロ錠の用法 ・ 他の薬の飲み合わせ】を医師がわかりやすく解説します

レクサプロ錠の用法

抗うつ剤飲み方

剤型と薬価

レクサプロ錠10㎎

0円(1錠の値段)

(2016年4月1日に薬価基準改定を実施)

1ヶ月内服時の目安:6492円~12984円(3割負担負担で1948円~3895円)

飲み方

レクサプロ錠 10㎎を1日1回夕食後に飲みます。
増量は1週間以上空けてから行います。
最高で1日 20mgまでです。

長期に飲んでも安全で、依存性・習慣性は基本的にはないとされています。

耐えられないような不安や不眠、アカシジア(そわそわして、じっと落ち着きのなさがでる)、攻撃性がでる、急に活動的になりすぎるなどの症状がでたときは、双極性障害の存在を考えなければなりません。
その場合は、気分安定薬や非定型抗精神病薬に変更が必要になることもあります。

減薬・中止方法

必ず主治医の指示に従って減薬・中止して下さい!

通常他のSSRIより離脱症状は起こしにくく、徐々に減らしていく(漸減:ぜんげん)ことは必要ないとの意見もありますが、それでも徐々に減らしていくのが賢明でしょう。
万が一、離脱症状が出てしまう時には、症状を抑えるために逆に徐々に増量して飲むようにして落ち着いてからゆっくり減らすようにします。
それでも、レクサプロ錠を飲むほとんどの患者さんでは、1週間で半分に、さらに1週間かけて中止していくことができる印象です。

過量服用

嘔吐、不整脈(QT延長:無症状だが危険な不整脈につながりやすい状態)、ふらつき、発汗、吐き気、振戦、けいれん、錯乱、昏睡、けいれんなどレクサプロ錠そのものの副作用が強くでてきます。

レクサプロ錠(エスシタロプラム)そのものの大量服薬での死亡例は報告されていませんが、化学的に似たつくりをしているシタロプラム(日本では未発売)での過量服薬による死亡例はメキシコで報告されています。

<実際の症例(メキシコ)>
35歳の女性が家でシタロプラムを大量に服薬し、けいれん発作を起こし救急搬送されました。病院到着時は心電図は確認できましたが実際には心臓はとまった状態で、熱も41度を超えていました。その後、心電図はtorsades des pointes (TdP:トルサードポワン)という危険な不整脈に変わり、死亡しました。

①病院到着時の心電図
レクサプロ錠の大量服薬

②torsades des pointes (TdP:トルサードポワン)と呼ばれる致死的な心電図
レクサプロ錠の大量服薬

参考文献
Kraai EP, Seifert SA. Citalopram Overdose: a Fatal Case. J Med Toxicol. 2015 Jun;11(2):232-6.


スポンサーリンク


レクサプロ錠の薬物動態と相互作用

薬物動態

半減期(最高血中濃度から半分の濃度に減るまでの時間)は27-32時間で、1日以上かけてゆっくり減っていきます。
定常濃度(毎日服用して、一定の濃度で安定するまで)は1週間の内服を続ければ達成できます。
レクサプロを代謝して身体の外に出すための肝臓の酵素(チトクロームP450)への大きな作用はないので、通常他の薬との相互作用はしにくいです。

SSRIの半減期

レクサプロ錠と他の薬の相互作用

相互作用 飲みあわせ

パーキンソン症候群の薬に特に注意

レクサプロ®に限った話ではありませんが、抗うつ剤は主にパーキンソン症候群に対して使用されるエフピー®(MAOI:モノアミン酸化酵素阻害薬)と組み合わせると、激しい「セロトニン症候群」が誘発されます。
致死的な副作用になるので注意が必要です。

エフピー®も半減期は長いので、もしこのパーキンソン症候群の薬を飲んでいた時には中止しても2週間は抗うつ剤を飲まないのが賢明でしょう。
逆にレクサプロ錠を中止したあともある程度の期間(1-2週間)はエフピー®は飲まないほうが安全です。
ちなみに、エフピー®のジェネリック薬品はセレギリンですのでこの名前にも注意しましょう。

片頭痛の薬に注意

イミグラン®(スマトリプタン)など片頭痛用のお薬との併用で、脱力や運動の障害が起こりえます。

血液さらさらの薬に注意

レクサプロ錠の副作用に出血しやすさ(内出血しやすい、あざができやすい)があるので、血液さらさらのお薬(ワーファリン®、ロキソニン®に代表される非ステロイド系の痛み止め)

痛み止めに注意

主に整形外科で処方されるような非ステロイド系の鎮痛剤(ロキソニン®など、最近は市販のロキソニンもあります)は、上記の、出血のしやすさを助長するのと同時に抗うつ剤そのものの効果を減弱する可能性があります。
市販薬ならバファリン®、処方薬ならカロナール®などアセトアミノフェンの鎮痛剤なら安心です。

その他レクサプロ錠の注意事項と使用禁忌事項

  • てんかんや、QT延長症候群という不整脈(無症状のことが多く、おそらく主治医から言われても意識している人は少ないと思います。上記の過量服薬による死亡例はこれによるものです。)がある場合には注意が必要です。他の抗うつ剤に変えてもらうのも賢明かもしれません。
  • 未成年を含む25歳未満の方では、アクチベーションシンドロームによって、自殺念慮が高まったり、衝動が高まるなどの例もあるため周囲が注意を払う必要があります(病院ではなく、家で起こる副作用です)。
  • 不安や攻撃性、落ち着かなさが高まる、気分が急激に良くなり活動的になったときには双極性障害の可能性を考え主治医に相談しましょう。

使用禁忌

  • レクサプロ®(エスシタロプラム)に過敏性・アレルギーがある
  • パーキンソン症候群薬のエフピー®(セレギリン)を内服している
  • 抗精神病薬のオーラップ®(ピモジド)を内服している
  • 不整脈(QT延長症候群)がある

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントはこちらからお願いします

*
*
* (公開されません)

Return Top