うつ病・うつ状態に最初に処方される抗うつ剤は基本的に「SSRI」「SNRI」「NaSSA」の3種類の中から選ばれます。
サインバルタ(デュロキセチン)はこの中で「SNRI」に分類されるお薬です。
サインバルタにはうつに対する効果以外に、痛みに対する効果もあるのが特徴です。
ここではサインバルタの特徴や効果についてわかりやすく解説していきます。

なお、サインバルタについてとても簡単に解説した記事もありますので参考にしてください。

これで安心!サインバルタの効果と特徴【医師が教える抗うつ剤】


スポンサーリンク

1.サインバルタ(デュロキセチン)はどんな薬?

サインバルタ®は商品名、一般名はデュロキセチンで、2010年4月に塩野義イーライリリーから販売開始されたカプセルのお薬です。

現在はまだジェネリック薬品(後発医薬品)は出ていませんが、この成分の名前であるデュロキセチンが将来的にジェネリック医薬品名になるでしょう。

サインバルタの位置づけ

SNRI(選択的セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬)に分類されます。
抗うつ剤として分類されますが、単なる抗うつ剤にはとどまらない作用を持っているのがサインバルタ(デュロキセチン)の特徴です。

なお日本では新しいSNRIとして他に「イフェクサーSR」があります。
サインバルタは2010年に発売、イフェクサーは2015年に販売されたので新しいイメージが強いですが、国際的にはイフェクサーの登場は1993年、サインバルタの登場は2004年なのです。
なんと新しいSNRIはサインバルタの方なのです。

サインバルタはこんな病気に処方されます

<効果のある病気>

  • 大うつ病
  • 糖尿病性抹消まっしょう神経障害性疼痛とうつう(diabetic peripheral neuropathic pain; DPNP)
  • 線維筋痛症せんいきんつうしょう
  • 全般性不安障害
  • 慢性の筋肉・骨格痛
  • 緊張性尿失禁
  • 神経障害性疼痛・慢性疼痛
  • その他の不安障害

サインバルタ(デュロキセチン)はうつ病に伴う痛みの症状に対して有効である報告がされています。
米国食品医薬品局(FDA)が糖尿病性神経障害性疼痛や線維筋痛症、慢性の筋肉・骨格痛にも承認していることからも疼痛とうつうに対する有効性が伺えます。

その他の効果として、成人のADHD(注意欠陥多動性障害)に有効である可能性があることと、失禁(緊張性尿失禁)に対しては有効性が確認されています。

【参考文献】

このうち日本で承認されているものは以下の疾患です。

  1. うつ病・うつ状態
  2. 糖尿病性神経障害に伴う疼痛
  3. 線維筋痛症せんいきんつうしょうに伴う疼痛
  4. 慢性腰痛に伴う疼痛
  5. 変形性関節症に伴う疼痛


2.サインバルタの作用の仕方

神経は次の神経と連絡をとってやりとりしています。
その連絡に関連する物質に神経伝達物質しんけいでんたつぶっしつが関与しています。
この神経伝達物質でとくにうつ病に関連のあるとされているものに「セロトン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」があります。
なんとなく聞いたことはあるかと思いますが、これらがどのような役割をもつ神経伝達物質なのかみてみましょう!

神経伝達物質

サインバルタはこの中で「セロトニン」と「ノルアドレナリン」に作用し、これらの神経の働きを増強します。
緊張や不安の緩和、意欲がでる、気分や感情、ネガティブな認知が改善してくるように作用させることができるイメージです。

ここからやや専門的な内容です

ここをクリックして次の章「効果が出るまでどれくらい?」に飛ぶことができます。

どのような作用機序ですか?

神経の連絡活動は主に電気信号ですが、「前の神経」と「次の神経」の連絡通路は物質を介します。
これが神経伝達物質です。

神経の伝達物質として、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンは有名であると同時に、うつの原因としての神経伝達物質にセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンが挙げられます。
これらは、単独でも機能を持ちますし、複数での機能も持ち合わせます。
神経伝達物質の関連図を再度載せます。

神経伝達物質

これらの神経伝達物質の異常がうつ病と関連しているという考えのもと、現在の抗うつ剤は開発されています。
この中で、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)はセロトニンとノルアドレナリン(ノルエピネフリン)の作用を増強することで、うつ症状を緩和させます。

セロトニンを例にとってイメージしてみましょう。
前の神経から次の神経のポストにセロトニンという荷物を届けてくるイメージです。

ただ一部のセロトニンは回収業者に回収されて戻っていきます。
このようにして大量にポストに届けられて迷惑メール化するのを防いでいます。

抗うつ薬はこの回収業者を邪魔するお薬なのです。
これによって大量にセロトニンを届けることができるのです。

これはセロトニンのイメージ図でしたが、お届けものをノルアドレナリンに変えてもらえばこれもイメージしやすいと思います。

少し難しいですが具体的にみてみましょう。
セロトニン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質は通常連絡通路に放出されると、次の神経の中にはいっていくものと、回収されて前の神経に戻っていってしまうものがあります。

このときサインバルタは回収業者を邪魔して、より多くのセロトニンとノルアドレナリンが次の連絡口(受容体じゅようたい)に入って行けるように作用するのです。

SNRIの作用機序

トランスポーターというのが回収業者です。
SSRIはセロトニンだけのトランスポーターを邪魔していたのに対し、SNRIはセロトニンだけでなくノルアドレナリン(ノルエピネフリン)の回収業者も邪魔するのです。
このようにしてセロトニンとノルアドレナリンの神経伝達を増強させます。

さらにサインバルタ(デュロキセチン)の特徴として、弱くはありますがドーパミンの再取り込みも阻害する作用を持っていますのでドパミン系の神経に関しても増強する力を持っています。
実はこのセロトニン、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害する機能は、昔の抗うつ薬である三環系とか四環系抗うつ剤にも備わっているのですが、SNRIはこのうち抗ヒスタミン作用や抗コリン作用のないものをいいます。

  • 神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンを増やし、セロトニン系およびノルアドレナリン神経伝達を増強します。
  • ドーパミン神経伝達についても弱いものの増強する作用を持ちます。

さて一見、単純な機序(回収させないこと)でセロトニンとノルアドレナリンを増やすのですが、本当はそんなに単純ではありません。
実は、増えたセロトニンに反応して、自分でセロトニンを放出するのをコントロールして自分で量を調整してしまうという抗うつ薬にとってはよくない機序があるのです(セロトニンオートレセプタ:セロトニンを放出をコントロールする役割)。

難しく言えば、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込みを邪魔した結果、増えたセロトニンはセロトニン神経のオートレセプタ(5-HT1A自己受容体)に作用し、逆にセロトニンの遊離を抑制します。(セロトニンが増えすぎていることを教える賢い機能です。)
ですから投与初期は一瞬セロトニンが増えても、その後は自分で調節がかかってあまり増えないのです。

ところが長期にサインバルタ(デュロキセチン)が作用することによりこのオートレセプタの脱感作だつかんさ(受容体の機能が落ちること)が起こり、これでセロトニンを放出するのを調整していた部分が働かなくなり、やっとセロトニン神経系の活性化が再び、しかも定常的に起こるのです。

βベータアドレナリン受容体の関与

実はもうひとつ重要な作用があります。

それはβアドレナリン受容体の脱感作です。
βアドレナリン受容体はノルアドレナリンを取り込む搬入口です。

実はノルアドレナリンの搬入口は大きくαとβと2つの入り口があったのです(厳密にはαやβもさらに細かくわかれますが・・・)

このうちαは強めると、ストレス反応を抑えたり、海馬かいばという記憶に関連する領域での神経の新生を高めるのですが、一方でβアドレナリン受容体は脳の扁桃体へんとうたいの活動を強め不安を増強する方向に動いてしまいます。

サインバルタは服用を続けると、このβアドレナリン受容体に関しては脱感作され機能を弱めることで不安を抑える効果があるというわけです。

  • βアドレナリン受容体は不安に関係する
  • サインバルタはβアドレナリン受容体を脱感作させ抗不安作用としても働く
Dr.GDr.G

単純に、セロトニン・ノルアドレナリンを増やすという以外に細かな作用もあるわけですね。