このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
トレドミン錠による吐き気

トレドミン錠は抗うつ剤の1つで、吐き気の副作用に悩まされることが多くあります。

抗うつ剤にも様々な種類があり、それによって吐き気などのお腹の症状を主とする副作用かどうかには違いがあります。

トレドミンはSNRI(選択的セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)に分類される抗うつ剤です。
このSNRIという抗うつ剤は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と並んでよく処方される抗うつ剤の1つですが、特に飲み始めに多くの方で問題になるのが胃腸の症状です。
吐き気、嘔吐、食欲が出ない、下痢、腹痛など様々ある胃腸症状はそのつらさから薬をやめてしまう主な原因なのです。
抗うつ剤の中でも、副作用や飲み合わせの悪さは少な目ではあるのですが・・・。

飲み始めの当初につらい副作用の症状がでると「もしかしたらずっと続くのでは?」と不安になってしまいます。
幸いこの胃腸症状に対しては体がすぐに適応するため、数日から長くても2週間程度様子を見ていると落ち着いてくるのです。

しかし胃腸症状は仕事や家事に影響のある事も多い副作用でこれが原因でやめてしまうこともしばしば。
ここではトレドミンによって起こる胃腸症状の副作用とその対処について解説します。


スポンサーリンク

トレドミンによって吐き気がでる理由

基本どの抗うつ薬においても胃腸症状は出てしまいます。
ただすべての抗うつ薬で同じ頻度や強さで出るわけではありません。

まず、基本的によく処方される抗うつ剤について知っておきましょう。
うつ病・うつ状態の診断で最初に処方される抗うつ剤は「SSRI」「SNRI」「NaSSA」があります。

  • SSRI(パキシル、デプロメール・ルボックス、ジェイゾロフト、レクサプロ)
  • SNRI(トレドミン、サインバルタ、イフェクサー)
  • NaSSA(レメロン・リフレックス)

副作用の出かたにはそれぞれの抗うつ剤に特徴があります。

例えばSSRIやトレドミンをはじめとするSNRIにおいては吐き気・胃の不快感・不眠が多いのに対し、NaSSAは体重増加と食欲亢進(太る)・眠気が多いのです。
つまりSNRIに胃腸の症状が目立つ代わりに、逆にNaSSA(レメロン・リフレックス)は吐き気など胃腸の症状は出にくいお薬なのです。

ここからもわかる通り、抗うつ薬を飲みだして副作用がでて合わないかもと思ったとしても次の選択肢はあるのです。
症状が強い場合にはいったん中止したとしてもそのまま何も服用しないというふうに考えずに主治医に相談するようにしましょう。

【参考文献】
Watanabe N, et al. Safety reporting and adverse-event profile of mirtazapine described in randomized controlled trials in comparison with other classes of antidepressants in the acute-phase treatment of adults with depression: systematic review and meta-analysis. CNS Drugs. 2010 Jan;24(1):35-53.

さて本題ですが、そもそもなぜ吐き気がでてしまうのでしょうか?
しかも残念なことにこの副作用は抗うつ効果よりも先にでてきてしまうのが難点です。

抗うつ剤は「セロトニン」という神経伝達物質を増やすことで、うつに対する効果をもたらします。
トレドミンの場合SNRI(選択的セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)ですから、セロトニンのみならずノルアドレナリンも増やす方向に作用します。

ただお薬は全身に作用しますから脳だけでセロトニンやノルアドレナリンを増強させるわけではありません。

胃や腸など消化管の神経でもセロトニンは重要な神経伝達物質として働いています。
ですので、セロトニンが胃腸にも作用してしまうことが吐き気の原因なのです。

脳ではセロトニンは抗うつ効果としてプラスに働き、消化管ではセロトニンの増強がマイナスに働いてしまう

吐き気の詳しいメカニズム

もう少し詳細を知りたい方のために、少し掘り下げますができるだけわかりやすく解説します。
不要な方はコチラをクリックすると次の章に飛びます。

抗うつ剤は、前の神経から次の神経へ神経伝達物質「セロトニン」を増やすことでセロトニン神経系を強めています。
イメージで言えば、セロトニンという郵便物を次の神経の郵便受けに届けるイメージです。

ここで重要なのは、セロトニンをもらう郵便受けにも様々な種類があるということです。
この図でいうなら届けるマンションの部屋が違うといった感じでしょうか。
マンションには1A号室、2A号室、2C号室、3号室、4号室・・・と様々な部屋があり、どの地区のどの部屋にセロトニンが届くかで反応が違います。

吐き気に関連するのは脳(視床下部や脳幹)にある3号室のセロトニンの郵便受けですし、胃の不快感・腹痛・下痢などに関連するのは消化管にある3号室と4号室のセロトニンの郵便受けです。

「郵便受け」=「受容体」「セロトニン」=「5HT」として専門的に言い換えてみます。
抗うつ剤の効果でセロトニン増強をすることで、脳の5HT3受容体への刺激が吐き気や嘔吐に関連し、消化管の5HT3および5HT4受容体への刺激がその他の消化管の副作用の原因となるということです。

つまりセロトニンの3番・4番に対しての働きをコントロールできれば副作用を軽減させることができるのです。

蛇足になりますが、このことを利用して抗がん剤の副作用の強力な吐き気止めにセロトニンの3番(5HT3)を抑えるお薬があるのです。

トレドミンによる吐き気はノルアドレナリンも関連

また先にも述べましたがトレドミンはSNRIですから神経伝達物質を増やす作用があるのはセロトニンだけではありません。
ノルアドレナリンも増やす方向に作用します。

ノルアドレナリンは自律神経に関連する神経伝達物質です。
これを増強すると抗コリン作用といってリラックスしているときに強まる副交感神経が抑えられます。
これによって心拍数があがったり(動悸)、口が渇いたり、尿の出が悪くなったり(排尿障害・尿閉)もちろん吐き気もあります。

つまりトレドミンによる吐き気はセロトニンの作用とノルアドレナリンによる作用(抗コリン作用)も考えられるのです。

スポンサーリンク

トレドミンと他の抗うつ剤との吐き気に関する比較

次に胃腸症状の出やすい抗うつ薬はどれか比較してみていきましょう。
その前に、第一選択で使われることの多い抗うつ薬をもう一度確認しておきましょう。

  • SSRI(パキシル、デプロメール・ルボックス、ジェイゾロフト、レクサプロ)
  • SNRI(トレドミン、サインバルタ、イフェクサーSR)
  • NaSSA(レメロン・リフレックス)

SSRI・SNRIが総じて胃腸の副作用を起こしやすいのです。

一方でSSRIの中ではフルボキサミン(デプロメール・ルボックス)が最も吐き気や嘔吐症状を起こしやすいとされています。

SNRI(トレドミン、サインバルタ、イフェクサー)でも同じく吐き気の副作用はありますが、その中でも特に吐き気と嘔吐が目立つとされているのが日本では2015年に新しく承認されたイフェクサーSRというお薬なのです。

そしてNaSSA(レメロン・リフレックス)は逆に胃腸症状よりは太ることと眠気が問題になりやすく、胃腸の副作用は少ないのです。

【参考文献】
Carvalho AF, et al. The Safety, Tolerability and Risks Associated with the Use of Newer Generation Antidepressant Drugs: A Critical Review of the Literature. Psychother Psychosom. 2016;85(5):270-88.

一覧で示します。

抗うつ剤胃腸症状抗うつ剤胃腸症状
<SSRI><三環系>
ルボックス
デプロメール
フルボキサミン
+++トリプタノール
アミトリプチリン
パキシル
パロキセチン
++トフラニール
イミドール
ジェイゾロフト
セルトラリン
++アナフラニール
レクサプロ++ノリトレン
<SNRI>アモキサン
トレドミン++<四環系>
サインバルタ++テトラミド
イフェクサー++ルジオミール
<NaSSA><その他>
リフレックス
レメロン
デジレル
レスリン
ドグマチール
スルピリド
スポンサーリンク

トレドミンの吐き気への対処法

吐き気は副作用としてはつらいもので、これをきっかけに薬を自己判断でやめてしまう方も少なくありません。
はじめて抗うつ剤をおそるおそる飲んで、この副作用で困ってしまったら二度と精神科・心療内科の薬は飲みたくないとなるのもわからないでもありませんね。

実際、SSRIは胃腸の症状が出やすいのですがすべての抗うつ剤にこの特徴があるわけではありませんし、ずっと続くわけでもありません。
では具体的な対応について解説しましょう。

様子をみる

一般的にこの対処法が最もとられています。
とはいってもただだまって様子をみるのもつらいでしょうから、医学的根拠は定かではないですが、食直後に飲むようにしたり牛乳を飲むなどでやわらぐことがあるようです。
上記で示した通り様子を見れる程度であれば経過を見ているうちに、数日から1~2週間程度で大丈夫なことも多いです。

我慢できるレベルでない場合、薬を飲み始めたばかりであればいったん中止して主治医と相談し以下の対策をとりましょう。(私はやむを得ない場合、飲み始めてすぐであれば中止は自己判断で可としていますが、必ずやめたあと一度受診してもらうように言っています。)

数週間内服しているときには中止することで離脱症状を起こすことがありますのでやめる前に一旦主治医と相談しましょう。

吐き気止めや胃薬を飲む

  1. 吐き気止め:プリンペラン、ナウゼリン、ガスモチンなど
  2. 胃薬
    • 胃酸を抑える:プロトンポンプ阻害薬(オメプラールなど)、H2ブロッカー(ガスターなど)
    • 胃粘膜保護:セルベックス、ムコスタなど
    • 消化管運動改善:ガスモチン、ドグマチール

胃薬といっても色々ありますので医師によって出す胃薬は十人十色です。
ただ消化管の副作用はセロトニンによる作用ですから、胃酸を抑える薬より吐き気止めを飲んだり、消化管運動の改善を狙うのが良いと個人的には思います。

ガスモチンはセロトニンの4番(5HT4)のポスト(受容体)に作用するお薬で、これが有効な例は多いです。
ただし、下痢がひどい場合にはガスモチンは逆効果になりますので注意が必要です。

胃薬が抗うつ薬と一緒に最初から出されている場合もあるでしょうが、様子をみながら服用するかどうか判断する方が良いとは思います(胃薬もやめどきがわからなくて抗うつ薬と一緒に漫然と飲むことになりかねません)。

抗うつ薬をスイッチする

SSRI、SNRIは全般に吐き気の副作用は多いのですが、同じ種類であっても薬が変わると症状が改善することがありますので、SSRIの中でもレクサプロやジェイゾロフト、消化器症状の少ないNaSSAに切り替えるのもありです。
同じSNRIの中ではサインバルタやイフェクサーSRがありますが、セロトニンに対する作用はトレドミンより強いので、もしかしたらトレドミンよりも胃腸症状は強くでる可能性があります。

NaSSAに関しては胃腸症状がほとんどないかわりに「眠気」と「太る」という副作用が特徴ではあります。

最初に出すことの多い抗うつ薬の副作用の特徴をもう一度示しておきます。

  • SSRIの中でデプロメール・ルボックス(フルボキサミン)は吐き気が出やすい
  • SNRIの中ではトレドミンの副作用はマイルド、サインバルタは下痢症状が出やすく、イフェクサーは吐き気がでやすい
  • NaSSAは消化管の副作用は少な目だが、眠気や体重増加の副作用がでやすい

上記には分類されませんが、ドグマチール(スルピリド)は抗うつ効果もあり胃薬でもあるというハイブリッドな特徴がありますので、特に胃腸の症状に敏感な場合にはこれに変更するのも方法です。

スポンサーリンク

まとめ「トレドミンによる吐き気の対処法」

  • トレドミンはSNRIに分類される抗うつ剤で、このクラスの抗うつ薬の副作用で胃腸の症状(吐き気・下痢・腹痛・胃の不快感)は副作用として頻度が高い
  • 胃腸の症状は数日から長くても2週間以内にはおさまることが多い
  • 個人でできることは食直後に飲むようにしたり牛乳を飲むようにしたりすることで改善することもある(減薬のためにカプセルを割ってはいけない)
  • どうしても飲むのが難しい場合、いったん中止して(飲み始めてすぐであれば中止は安全に可能)主治医と相談
  • その場合には胃薬を併用するか、抗うつ薬そのものの変更が有効
スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします