このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
パキシルで太る副作用

抗うつ剤の副作用で「眠気」と「太ること」はとても悩ましい問題だと思います。
「抗うつ剤って太るんですよね?」という質問はよく患者さんから男女問わず聞かれます。

現在、最初に出すことが多い抗うつ剤には「SSRI」「SNRI」「NaSSA」という3種類のクラスがあり、中でもパキシル錠(他にパキシルCR錠、ジェネリックはパロキセチン錠)は最も処方されるSSRIで、もちろん「太る」という副作用があります

これは、抗うつ剤を飲み続けていくうえで無視できない副作用で、特に女性にとっては太る・太らないは聞いてなかったではすまされない問題だと思います。

とは言っても、抗うつ剤を飲むと確実に太るというわけではありません
抗うつ剤の添付文書(お薬の説明書)での頻度を見ると多いもので5%前後です。

実は抗うつ剤によってなぜ太るのかというメカニズムについては、まだすべて明らかになっていません。
ですから、正確には、抗うつ剤で治療をすると「太ることがある」というのが正しい表現かもしれません。
パキシルをはじめとしたSSRIという抗うつ剤ではむしろ飲み始めた最初は痩せることもあります

いくつかの知見をあわせつつ、ここではパキシル錠の「太る」という副作用にフォーカスを当て、対応法についても解説していきたいと思います。


スポンサーリンク

パキシルは太るのか?

パキシル錠(パキシルCR錠、ジェネリックはパロキセチン錠)はSSRIに分類される抗うつ剤です。
まず一般的にSSRIのお話をしますと、治療の初期では太るどころか逆に体重が落ちることが分かっています。
そして長く薬を飲むと太ることが言われています。

パキシルのデータではないものの同じSSRIに属する抗うつ剤で、最初の3か月で0.35㎏体重が落ちて、1年後に3㎏増えていたというデータが示されています(日本未発売のSSRI:フルオキセチン)。

【参考文献】Michelson D, et al. Changes in weight during a 1-year trial of fluoxetine. Am J Psychiatry. 1999 Aug;156(8):1170-6.

SSRIは最初の3か月は体重落ちることがあるけど、その後は太っていく方向にいきやすい

副作用の頻度

欧米でのデータを示しますとSSRIによる体重増加は6%の頻度で認めるとされています。
これは日本の抗うつ剤の添付文書全般でみられる頻度(1-5%)よりは海外の方が高めです。
このあたりは食習慣の違いもありそうですが、どうもそれだけではないかもしれません。
実際には日本でもまあまあの頻度で「太る」副作用を見かけます。

パキシル錠(パキシルCR錠)の添付文書を見てみると、日本での承認に関する審査での体重増加の副作用報告は1%未満とされています。
逆に体重減少(痩せる方向)も1%未満(これは添付文書ではないデータです)で認めることも示されています。

先に説明した通り、パキシルをはじめとするSSRIは飲み始め最初2か月くらいは痩せて、それ以上長く続けると「太る」という特徴があります。
日本の添付文書は、承認前や市販後に調査される臨床研究のデータですから、その調査期間は長期のものではありません。
そもそも体重増加の副作用は長期的な副作用ですから、添付文書の1%未満という頻度は実態とはかけはなれているのかもしれませんね。
実際、「太る」という副作用は添付文書にあるような1%未満というレアな副作用ではないと思います。

SSRIの中ではパキシルは最も太りやすいとも言われています。

【参考文献】
Serretti A, Mandelli L. Antidepressants and body weight: a comprehensive review and meta-analysis. J Clin Psychiatry. 2010 Oct;71(10):1259-72.

パキシルで体重が増える頻度は日本人のデータでは1%未満と示されているが、実態はもっとあると思われる

パキシルでどのくらい太ってしまうか

SSRIの中でも種類によってその体重の増え方の違いが報告されています。

パニック障害の患者さんに、1年間抗うつ剤を飲んでもらったときの体重の増え方を示します。
パキシル(パロキセチン)は特に体重が増えやすいとは言われていますが、その通りの結果です。

これももちろん海外のデータですので、日本人でここまで増えるということにはならないかもしれませんが、このデータから体重の増えやすさの参考にはなると思います。

1年間SSRIを飲んだときの体重の増え方の例(海外)

  1. パキシル(パロキセチン) 8.2㎏
  2. フルオキセチン(日本未発売) 5.2㎏
  3. シタロプラム(日本未発売ですがレクサプロに近い) 6.9㎏
  4. デプロメール・ルボックス(フルボキサミン) 6.3㎏

【参考文献】
Dannon PN, et al. A naturalistic long-term comparison study of selective serotonin reuptake inhibitors in the treatment of panic disorder. Clin Neuropharmacol. 2007 Nov-Dec;30(6):326-34.

パキシルは最も太りやすいSSRIで、体重が増えるときには数㎏増えてしまうこともある
スポンサーリンク

他の抗うつ剤との太りやすさの比較

SSRIに限定せず抗うつ剤すべての中でみると、特に太るのは三環系抗うつ薬に分類されるトリプタノール・アナフラニールと、NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)に分類されるリフレックス・レメロンです。

抗うつ剤すべての中ではNaSSA(リフレックス/レメロン)が最も太りやすく、パキシルはSSRIの分類の中で最も太りやすいとされています。


「NaSSA > 三環系抗うつ薬 > SSRI(中でもパキシルは頻度高め)、SNRI」

太るという副作用頻度が特に高い抗うつ剤

  • 三環系抗うつ薬(トリプタノール、アナフラニール)
  • NaSSA(リフレックス・レメロン)

一覧表に示してみましょう。

抗うつ剤体重増加抗うつ剤体重増加
SSRI三環系
ルボックス
デプロメール
フルボキサミン
+-トリプタノール
アミトリプチリン
+++
パキシル
パロキセチン
+トフラニール
イミドール
++
ジェイゾロフト
セルトラリン
+-アナフラニール++
レクサプロ+-ノリトレン+
SNRIアモキサン+
トレドミン+-四環系
サインバルタ+-テトラミド+
イフェクサー+ルジオミール++
NaSSAその他
リフレックス
レメロン
++デジレル
レスリン
+-
ドグマチール
スルピリド
+-
「今日の治療薬」より(一部改変)

パキシルで太る機序とは?

まず一般的に抗うつ剤によって太ってしまう理由について説明します。

動物実験でもわかっていますが、抗うつ剤をラットに投与するだけでは体重は増えません。
「食欲」と「脂肪の代謝」が関わっているのです。
つまり太るためには食事でカロリーをとるということも必要ということです。

具体的には以下の4つの要因があります。


  1. セロトニンやヒスタミンなど神経伝達物質やホルモンへの作用
  2. 活動量が下がり(鎮静作用)カロリー消費量が下がる
  3. 食事の嗜好が変わる
  4. 口が渇くために飴や甘い飲み物を飲んだり食べたりしてしまう

1の神経伝達物質に関してですが、「セロトニン」「ヒスタミン」と「レプチン」という3つのキーワードがでてきます。
どれも「食欲」と「脂肪の代謝」に関連します。
これらに作用してしまうので「太る」のが理由です。

ここからは詳細な機序を説明します。
少し難しい内容なので、飛ばす場合はこちらをクリックして「副作用の対処法」へ飛ぶことができます。

神経ヒスタミンには抗肥満作用、すなわち太りにくい作用があります。
具体的にはヒスタミンによって食欲の抑制や脂肪の分解を促すわけです。

そしてレプチンも食欲を抑える方向に働く脂肪で作られるホルモンで、具体的には上記の神経ヒスタミンを助ける働きです。


ヒスタミン(H1):抗肥満作用(食欲を抑える、脂肪の分解を促す)のある神経系の神経伝達物質
レプチン:食欲を抑えるホルモン


つまり、ヒスタミンをブロックすると食欲は出てしまいますし、脂肪の分解も悪くなり太ってしまうわけです。
(厳密にはヒスタミン自身が食欲に作用するというよりは、胃で多く分泌される強力な食欲増進ホルモン「グレリン」を増やしてしまうことが太りやすさと関連しています。)

ちなみにここで言っている「ヒスタミン」は胃薬で有名なガスターがブロックしているヒスタミン(H2)ではなく、神経ヒスタミン(H1)ですから胃薬でも太るのじゃないかとは思わないでくださいね。

さて抗うつ剤に話を戻します。
抗うつ剤によって、モノアミン(セロトニン、アドレナリン、ヒスタミン、ドパミン、ムスカリンなど)に作用します。
もうお気づきかと思いますが、この中に「ヒスタミン」いうワードが入っていますね。

太りやすい抗うつ剤である三環系抗うつ薬やNaSSA(リフレックス・レメロン)は特にヒスタミン(H1)をブロックする作用が強いのが特徴で、ヒスタミンが抑えられて食欲が出てしまい、脂肪の代謝も抑えてしまうのです。
(実はこの2種類の抗うつ薬が他より太りやすいのは、他に抗肥満作用をもつアディポネクチンを抑えることも関連しますがここでは省略します。)

一方、神経伝達物質の「セロトニン」に注目してみましょう。
パキシルはセロトニンを増強するお薬です。
神経から次の神経にセロトニンという物質を介して伝達するので、イメージとしてはポストにセロトニンという荷物を届けてくるイメージです。

そしてセロトニンのポストは脳にだけではなく消化管など全身の神経に存在し、さらにマンションのように部屋番号が振り分けられており、その部屋のどこにセロトニンが届くかで作用が異なります。

パキシルによって太るのは主にセロトニンの「2c」番の部屋に関連します。
「セロトニン2c」の部屋(5HT2c受容体)は食欲を抑える働きをもつ作用です。
具体的にはレプチンを上昇させることで食欲をおさえます。

あれっ?て思いますが、そうですこの作用は痩せる方向に働きます。

思い出してください、SSRIを飲み始めた初期には食欲が抑えられるので体重は減りやすくなるのです。
(ちなみに体重にだけ着目していましたが、レプチンには食欲を抑える以外にも抗うつ作用もあります!)

レプチンがSSRIを飲み始めた初期に増えることが一過性に痩せる方向に働くことはわかりました。
一方で長くSSRIを飲んだときに今度は体重が増える方向にいってしまう理由はまだ解明されていませんが、一過性にセロトニンが大量に届けられると、まるで迷惑メールをブロックする動きをしますので、これによって「セロトニン2c」のポストにセロトニンが届かなくなる(セロトニン受容体の脱感作だつかんさ)ことで逆に太りやすくなると考えられます。

【参考文献】
Lee SH, et al. Is increased antidepressant exposure a contributory factor to the obesity pandemic? Transl Psychiatry. 2016 Mar 15;6:e759.

スポンサーリンク

パキシルで太るのを防ぐ対処法

ここまでで抗うつ剤によって太る理由は食欲増進脂肪の代謝が落ちてしまうことが原因であるのがわかったと思います。

しかもその原因は、セロトニン、神経ヒスタミンなどの神経伝達物質、レプチン・グレリンなど食欲を調整するホルモンも関連しているので、どうにも自身の意識で抵抗できるものではないのです。

そして抗うつ剤だけで勝手に太るわけではなく、食事の摂取が増えることが一因になるのです。
また、脂肪の代謝が落ちるので、いつもと同じ摂取カロリーであっても、もしかしたら太りやすい体質になっていることは知っておかなければなりません。

それでは対処法を見ていきましょう。

1.抗うつ剤を変更する

パキシルはSSRIの中でもともと体重増加が目立つのでこの薬を変えたり、減量することは有効です。
パキシルの抗不安作用に着目しての使用であるならレクサプロへの変更も1つです(レクサプロでも太る副作用はないわけではありません。)

抗うつ剤の効果や特徴がすべて一緒というわけではないので、主治医の先生がその抗うつ剤を選択したことには意味があるはずです。
病気の治療を目的とした薬ですから、太ることを過度に恐れるあまり本末転倒にならないように注意して主治医と相談するようにしましょう。

ちなみに、抗うつ薬は抗うつ効果の面においてその量は大事ですが、抗うつ剤の内服量と太る度合いの相関関係は明らかになっていないため、減薬が体重増加の副作用に有効かはわかりません。

また医療者側は体重増加しても糖尿病や高血圧が目立たなければ、見た目的な美容の観点の問題では太ってきていること気付いていないときもありますので、もし気になれば自分から言うことも大切です。

衝動の発散として過食がみられるときは、抗うつ薬の太る副作用というよりアクチベーションシンドロームの可能性もあります。
アクチベーションシンドロームは、要は活性化された状態で過食になったり、不眠になったり、攻撃性が増したりする副作用です。
このときにはうつ病と診断されていても、双極性障害(躁うつ病)が背景に潜在していることも考慮に入れ、主治医と相談の上、抗うつ剤から気分安定薬にしたほうが良いときもあります。

2.生活習慣を見直す

間食が多くなっていないか、一回の食事量が多くなっていないかは注意しましょう。
適度な運動も大事です。

筋力が落ちてしまってはこれだけで基礎代謝が落ちてしまい、薬とは無関係に太りやすい体質になってしまいます。

よく過度なダイエットをしているとあとで反動で太るのはこの基礎代謝が落ちるためかえって以前より太りやすい体質になっているのです。
筋肉は太りにくい体質に重要な要素です。

また、神経伝達物質のヒスタミンが薬でおさえられていると、脂肪の代謝が落ちているため、薬を飲む前と同じ食事量でも比較的高カロリーな食事をもともとしていた場合には、以前はあまり体重がかわらなくても薬をのんでいると太ることがあります。
飲み始めた時にはやはり日頃の食事量やカロリーに意識を払う必要があります。

よく噛むことはダイエットになる

抗うつ剤によってヒスタミン、レプチンなどの食欲をコントロールするホルモンの働きが、中枢から変化してしまい食べ物を求めるようになってしまいますから、こうなると食欲が自分のコントロール下にはなく制御できずに太るようになってしまいます。

食事をするときに咀嚼そしゃくをしっかりすることは健康に良いことは聞いたことがあるかもしれませんが実は科学的に根拠のあるお話です。

実際、咀嚼しているときの口の中の感覚をよく脳に伝えることは、なんと神経ヒスタミンがよく作用する方向に働くのです。
神経ヒスタミンは食欲をおさえ、脂肪の代謝を上げる方向に働く作用があるので満腹感を促進させるようにはたらくのでヒスタミンをブロックする抗うつ剤の作用に対抗するには合理的なのです。

抗うつ剤を飲んでいるときこそよく噛んで食べよう!

【参考】
第124回日本医学会シンポジウム「肥満症治療のアプローチ」吉松博信

まとめ

  1. パキシル錠(パキシルCR錠、パロキセチン)を始めSSRIは、最初の3か月は体重はむしろ落ちる側に作用することがある
  2. SSRIをそのまま長期に服用すると体重は増加して太る傾向がある
  3. パキシルはSSRIの中では体重増加の副作用の頻度は高め
  4. 太ってしまったとき、もしくは太らないための対応法は間食をしないこと・食事の摂取量を意識することが大事
  5. よく噛んで食べることで満腹感を得ることは、抗うつ剤の副作用の機序からは合理的に太ることを抑える効果がある
スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします