このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
パキシル妊娠授乳中の服用

妊娠・出産は身体にも心理的にもストレスがかかり、ホルモンバランスの急激な変化も重なるためうつ病の発症や再燃の危険性が高まります。
もし妊娠中にうつ状態になったり産後うつになったときには、薬物療法が必要となることも多く、妊娠中や授乳中に抗うつ剤を服用していてよいかは大きな心配ごとになると思います。

またもともとうつ病や不安障害で治療中に妊娠した場合、薬をやめようにも特にパキシルは離脱症状のリスクも高く簡単にはやめられないことも多いです。

ここではパキシル(パロキセチン)の妊娠中や授乳中の服用について、また子供の服用について説明します。


スポンサーリンク

パキシル(パロキセチン)の妊娠中の服用

まず妊娠中における服用の基準をみてみましょう。

  • (カテゴリーA)ヒトでの研究で胎児への危険性は示されていない
  • (カテゴリーB)ヒトでの研究で危険を示す証拠はない
  • (カテゴリーC)動物実験で有害作用を示したものはあるが、ヒトでの研究はない
  • 【カテゴリーD】胎児への危険性が高い

カテゴリーDと分類されており、これは他のSSRIがカテゴリーCなのに対し、一段厳しい基準です。

添付文書ではどうなっているか見てみましょう!

<1. 妊婦等>
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ本剤の投与を開始すること。また、本剤投与中に妊娠が判明した場合には、投与継続が治療上妥当と判断される場合以外は、投与を中止するか、代替治療を実施すること。

パキシル錠の添付文書は上記のようになっており、これは他のSSRI・SNRIも同様ですが原則は妊娠中の服用は望ましくはないとしています。

この注意書きにはさらに詳しく書いてあるのですが要点をまとめると以下のようになります。


  1. 心臓の異常(心房中隔欠損や心室中隔欠損)のリスクが上がる(通常発生率1%に対し、妊婦のパキシル内服では2%に増加)
  2. 新生児のパキシル離脱症状(子宮内ではパキシルに触れていたが、出産後はパキシルが途絶えることで)呼吸抑制、無呼吸、チアノーゼ、多呼吸、てんかん様発作、振戦、筋緊張低下又は亢進、反射亢進、ぴくつきなど多様な症状がみられることがある
  3. 新生児遷延性肺高血圧症せんえんせいはいこうけつあつしょうのリスクが上がる

(これらの詳細は後述します。)

パキシル(パロキセチン)をはじめ一般に薬物は、特に妊娠初期(12週頃まで)は赤ちゃんの重要な臓器や形ができてくるころなので注意が必要です。
とは言いつつも、添付文書にはこう書いてあるからでは実際問題困ってしまいます。

妊娠したことが分かった瞬間、スパッと薬をやめてしまい離脱症状に困っている方もたまにいらっしゃいます。(特にパキシルは離脱症状を起こしやすい抗うつ剤です。)

大事なことは以下のことです!!


妊娠中に抗うつ剤を「飲むこと」と「飲まないでいること」のどちらが母親・子供にメリットがあるか?


すなわち「うつ症状が強いのに、うつ病を放置して妊娠出産したときの子供への影響」と「パキシル(パロキセチン)を飲むことでうつ病を治療しつつ妊娠出産したとき」と、どちらがメリットがあるのかですが、一般的にはまだわかっていません。
その症例ごとに主治医が判断しましょうというのが見解です。

ではその判断をどうしていけばいいのか、飲む側としてもそのことを知っておくほうが安心かと思います。
このことを知って主治医と相談した方が理解も深まります。

その前に大前提として1つ知っておいてください。


基本的に抗うつ薬の胎児に対する危険性はしっかりとは示されていない


※妊娠中の母体や胎児への影響をみる研究は倫理的な問題で普通はできません。
わざわざ薬を飲ませて胎児に問題が起こるかなんて人体実験もいいところでしょう・・・。
ですから、抗うつ薬を飲んでいてたまたま出産時に問題があったものを薬のせいにしているだけのことだってありうるのです。

ただ、1998年からの10年間の妊婦さんで抗うつ薬(SSRIだけでなくSNRIや三環系を含めて)を飲んでいた人たちを解析した海外のデータでは、筋骨格や臓器の何らかの奇形を発生する率は飲んでいない場合に比べて数倍リスクが高くなるという報告がされています。

参考文献
Furu K, et al. Selective serotonin reuptake inhibitors and venlafaxine in early pregnancy and risk of birth defects: population based cohort study and sibling design. BMJ. 2015 Apr 17;350:h1798.

スポンサーリンク

母体への影響

主に2つの問題が指摘されています。


  1. 妊娠高血圧症候群にんしんこうけつあつしょうこうぐんになりやすい
  2. 出血が止まりにくくなる

1.妊娠高血圧症候群

妊娠後期に、妊娠高血圧症候群のリスクが増大する可能性がいわれています。

妊娠高血圧症候群は以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていたものです。
では妊娠中毒症がどんな状態で、妊娠において何が問題になるのか説明します。

妊娠前には高血圧がなかったのに、妊娠後期になってはじめて高血圧がでてくるものをいいます。
高血圧がそんなに問題になるのかと思うかもしれませんが、お母さんや赤ちゃんにいろいろな障害を起こすことが多いため妊娠高血圧学会という学会も存在してしまうぐらい重要な合併症なのです。

【参考】「妊娠高血圧学会によるQ&A」