医者が教えない精神科のこと |メンタルクリニックDr's INFO | 精神科・心療内科

医者が教えてくれない精神科のことを医師がわかりやすく解説

ルボックス錠(フルボキサミン:SSRI)の効果と特徴【医師が教える抗うつ剤】

このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
ルボックス錠(フルボキサミン:SSRI)の効果と特徴【医師が教える抗うつ剤】

ルボックス(フルボキサミン)は、1999年に日本で最初に発売されたSSRI(選択的セロトン再取り込み阻害薬)です。

ルボックスは強迫性障害や社会不安障害において威力を発揮することは古くから知られていて、これがこのお薬の最大の特徴になります。
米国では強迫性障害で最初に認可がおりています。
現在は抗うつ剤の中でも新しいお薬(SSRIならレクサプロ、SNRI、NaSSAなど)がでてきておりうつ病に対しての処方の機会は限られますが、不安障害に対してはまだまだ現役です。

抗不安作用のある抗うつ剤には同じSSRIでもパキシル(パロキセチン)、レクサプロがあります。
ただ強迫性障害や社会不安障害があり、もともとの気質に「自己不全感(自信を欠如していて緊張が強い)」のあるタイプではルボックスの方がよく効果を発揮する印象です。

ここではルボックスについて説明していきます。
同じお薬でデプロメールやジェネリックではフルボキサミンマレイン酸も同じお薬ですからこの記事を見ていただけたらと思います。


スポンサーリンク


ルボックス(フルボキサミン)はどんな薬?

ルボックス

ルボックスは商品名で、一般名はフルボキサミンです。
1999年に販売開始されたお薬で、同じフルボキサミンにデプロメール®があります。

現在はジェネリック薬品(後発医薬品)が出ており、この薬の成分であるフルボキサミン(フルボキサミンマレイン酸)がジェネリック医薬品の名前になっています。

ルボックス®(フルボキサミン)の抗うつ剤の中での分類

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。
抗うつ剤として分類されますが、単なる抗うつ剤にはとどまらないのがルボックス®(フルボキサミン)の特徴です。

ルボックス®(フルボキサミン)はこんな病気に処方されます

<効果のある病気>

  • 強迫性障害(OCD)
  • 社交不安障害
  • うつ病
  • パニック障害
  • 全般性不安障害(GAD)
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)

このうち、日本で承認されているのは以下の3つです。


  1. うつ病・うつ状態
  2. 強迫性障害
  3. 社会不安障害

ルボックスの抗うつ効果と強迫性障害に対する作用

ある有名な研究で、抗うつ薬(SSRI・SNRI)の抗うつ効果と飲みやすさ(副作用などで中断せざるを得ない状況になりにくいか)を比較した研究があります。
横軸を抗うつ効果(右にいくほど強い)、縦軸を飲み続けやすさ(上にいくほど飲み続けやすい)として表示したグラフがあります。
抗うつ剤SSRIの比較

フルボキサミンは抗うつ効果も低く、副作用も比較的でやすく飲み続けにくい評価になっています。
実際に、アメリカではルボックスはうつ病よりも強迫性障害に対して処方されます(しかも6歳-17歳という未成年にも)。

参考文献
Andrea Cipriani, et al.Comparative effi cacy and acceptability of 12 new-generationantidepressants: a multiple-treatments meta-analysis. Lancet. 2009 Feb 28;373(9665):746-58.


スポンサーリンク


2.ルボックス®(フルボキサミン)の作用の仕方

どのような作用機序ですか?

Dr.G
神経伝達物質であるセロトニンを増やし、セロトニン系神経伝達を増強します。
セロトニンが脳でどのような作用をしているのか見てみましょう。

神経伝達物質

右上の緑の枠がセロトニンです。
主に緊張の緩和、そして他の神経伝達物質と共同で衝動性や気分の制御に関わっていることがわかります。

ではどのように、セロトニンを増やしているのでしょうか?

基本はセロトニンを増強させる方向に働くお薬ですから、セロトニンを増やしにかかります。
ちなみにセロトニンは神経伝達物質ですから、前の神経から次の神経にセロトニンを運びます。
それはセロトニンという荷物を、次の神経ポストに配達してくる感覚です。

同時に、セロトニンの配達量を調整するために一部回収する業者もいます。

抗うつ薬はこの業者を邪魔することで配達するセロトニン量を増やすのです。

このとき大量にセロトニンが運ばれますから、体はびっくりして副作用を起こしやすくなります。
しばらく時間が経過するとたくさん運ばれるセロトニンに対して、身体はポストを減らすことでちょうどいい量のセロトニンがとどくように調整されます。

このころ、抗うつ効果もでて副作用もおさまった状態になります。

やや専門的な内容ですより詳細な作用機序
次の章へ飛ぶ

下の図は脳の神経が次の神経に繋がっている部分を示します。
SSRI作用機序

前の神経から放出されたセロトニンは次の神経に搬入され取り込まれていきます。
このときセロトニンが過剰に伝わりすぎないように一部のセロトニンを回収しています。
この回収をしているセロトニントランスポーターをルボックスが邪魔することで神経と神経の接合部(接続している部分)でのセロトニンの量を増やします。

ルボックスの効果がでるまでに何週間か必要な理由

Dr.G
ルボックスが作用するまでに最低2週間はかかります
その理由について見ていきましょう!

SSRIは一見、単純な機序でセロトニンを増やすのですが、本当はそんなに単純ではありません。
実は、回収業者を邪魔することで増やしたセロトニンに反応して、今度は回収ができないならとセロトニン放出そのものを自分でコントロールしてしまう機序があるのです。


セロトニンオートレセプタ:セロトニンの放出をコントロールする役割


難しく言えば、セロトニン再取り込みを阻害する結果(すなわちセロトニンを回収させないようにした結果)、神経と神経の間で増えたセロトニンは、セロトニン神経のオートレセプタ(5-HT1A自己受容体)に作用し、今度は逆にセロトニンの遊離(放出)を邪魔します。(セロトニンが増えすぎていることを教えるわけですね。賢い機能!!)

ですから投与初期は一瞬セロトニンは増えても、その後に自分で調節がかかってあまりセロトニンが増えなくなるのです。
ところが長期にルボックスなどのSSRIが作用すると、このオートレセプタの脱感作だつかんさが起こります。(脱感作というのは働きが弱くなること。)

これによってセロトニン放出の抑制が解除され、やっと安定的にセロトニンが増えるのです。
それゆえ、SSRIが効果を発揮するのには数週間の投与を必要とするのです。

    効果が出だすまでに最低2週間はかかる理由

  1. ルボックスは神経と神経の伝達部分でセロトニンを増やす。
  2. 一瞬は増えても神経が自ら調整してセロトニンが正常になるように働いてしまう(増えにくくなってしまう)。
  3. それでもしばらく(2週間以上)ルボックスを飲み続けると再度セロトニンが増えてくる。
Dr.G
実はセロトニン以外に注目されているものがあります。
TOPICS的な内容ですので難しければとばしてください。
TOPICSσシグマ-1受容体がスゴイ!!
セロトニンという言葉はいまやかなり有名になりましたが、σシグマ-1受容体も重要な機能をもちます。
ルボックスはセロトニンに作用するだけではなく、σシグマ-1受容体に対しても働きます。
そしてこれにより2つの効果が付与されます。


  1. うつの改善
  2. 脳梗塞後の機能の改善

このσシグマ-1受容体に対する効果はすべての抗うつ剤にあるわけではありません。
認められているのはSSRIではこの2つです。


  • ルボックス®・デプロメール®(フルボキサミン)
  • ジェイゾロフト®(セルトラリン)

千葉大学の伊豫雅臣いよあまさおみ教授が統合失調症の認知機能障害に、フルボキサミン(ルボックス®)が効果があったという症例を報告しています。
さらに精神病性のうつ病に単剤で効果があるという複数の報告があります(これもSSRIのセロトニン増強作用だけではなくσ1受容体がからむという説)。

効果が出るまでにかかる時間はどのくらい?

飲み始めてすぐには効果は出てきませんが、一部で飲み始めてすぐに不眠が改善したり、不安が軽減することを自覚する患者さんもいます。

効果が出だすのは普通は大体2-4週間くらいかかります。
ルボックスを内服すると、セロトニンはすぐに神経間で増えます。
ところが上記で説明しましたセロトニンオートレセプタによる作用で、セロトニンにブレーキがかかってしまいいます。
このオートレセプタによるセロトニン放出の自己ブレーキがオフになるまで、SSRIの服用が何週間も必要になるのです。

それでも1.5-2か月以内に効果がでなければ、薬の量を増やすことを考えなければなりません。
また症状の再燃・再発を防ぐには、何年も飲み続けなければならないこともあります。


スポンサーリンク


ルボックス(フルボキサミン)の効果

治療効果がでてきたら

治療の目標は以下の2点にあります。


  1. 症状の寛解かんかい
  2. うつの再発を防ぐこと

寛解というのは一般の病気で言う完治と同じことですが、うつ病をはじめ精神科・心療内科の病気は再発率が高いため、「寛解」という言い回しを使います。(医学用語として、癌や白血病も再発が多いことからこの言い方を使います。)

症状が軽減、消失したとしても、ルボックス(フルボキサミン)の内服をやめると症状が再燃・再発しうるので、うつ症状が改善してもまだ治癒したとは言い切れません。
最低でも1年は継続して飲む必要があります。

すべての症状が消失(寛解)する、もしくはかなり楽になるまではかなり長く飲むことも念頭に置いておきましょう。
特に強迫性障害(OCD)や心的外傷後ストレス障害(PTSD)では長期戦になりやすく、大幅に改善するまで減薬は再発の観点から賢明ではありません。

2度目以降の再発したうつ病の治療である場合、また不安障害に対する治療である場合、ルボックス(フルボキサミン)を飲むことを無期限に続ける必要もあり得ます。

治療効果が出なかったとき

ルボックス(フルボキサミン)を十分な時間(2か月以上)、しかも最大量まで増量しても効果が出ないとなると治療抵抗性もしくは潜在的な双極性障害の可能性を考慮しますが、ルボックスの抗うつ効果がもともと他のSSRIやSNRIに比べ劣るという報告もあることから他の薬への変更をまず検討するのもありです。
ただしルボックスはSSRIの中でも離脱症状を起こしやすいため注意して他の薬にスイッチしていく必要があります。

中には、飲み始めた初期は効いていたんだけど、だんだん効果がなくなって症状が悪くなってきているという例もあります。
この場合薬物療法なら他の薬との組み合わせや、非薬物療法(磁気刺激治療や認知行動療法など)を考慮します。

躁うつ病(双極性障害)である可能性を考えるならばこの鑑別のための補助診断に光トポグラフィー検査は有用かもしれません。

躁うつ病(双極性障害)といっても必ずしも躁状態(ハイテンションで気分がいい状態)が目立つわけではなく、潜在しているタイプでは色々な状態(ハイテンションまではいかないが調子が普通のとき、イライラしているとき、あきらかなうつ状態のとき)が日によって、ときには1日の中で混合しているような症状のときもあります。

ルボックス(フルボキサミン)を補強する薬の組み合わせ

SSRIは単純に増量したからといって効果があがるとは限りません。
逆に、違う作用を持つ薬を合わせた方が不可的な効果を出す時があります。

病態 併用するとよい薬
不眠 睡眠薬、抗うつ剤のトラゾドン(レスリン®、デジレル®)
不安症状 抗不安薬(ベンゾジアゼピン系)。これでも十分な効果が得られないときガバペン®(ガバペンチン)などの抗てんかん薬を併用することもあります。
強迫症状 アナフラニール®(クロミプラミン)など三環系抗うつ薬を追加する。
疲労感、眠気、集中できない 精神刺激薬(ベタナミン®10㎎錠 -軽症うつ病、抑うつ神経症に適応あり)
躁うつ病(双極性障害)の潜在・混在 気分安定薬(デパケン®、ラミクタール®)や非定型抗精神病薬

ルボックスの効果と特徴「まとめ」

ルボックスは抗うつ効果よりも強迫性障害や社会不安障害をターゲットにした方がメリットがありそうです。
トピックス的な内容になりますが、セロトニン増強以外にσシグマ-1受容体に対する作用があることから精神病症状を合併するときに有用性が高まるかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントはこちらからお願いします

*
*
* (公開されません)

Return Top