医者が教えない精神科のこと |メンタルクリニックDr's INFO | 精神科・心療内科

医者が教えてくれない精神科のことを医師がわかりやすく解説

エビリファイの離脱症状・断薬と減薬 -医師が教える抗精神病薬-

このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
エビリファイの離脱症状・断薬と減薬 -医師が教える抗精神病薬-

精神科のお薬の中で離脱症状と言えば「抗うつ薬」があまりにも有名です。

特にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)などの抗うつ薬を急激に断薬・減薬すると、俗にシャンビリと呼ばれるようなシャンシャンする耳鳴りとビリっと電気ショックのような異常感覚を感じたり、発熱、不安、不眠などありとあらゆる症状が数週間から長いと数か月にわたって襲い掛かります。

エビリファイは抗うつ薬ではなく、抗精神病薬といってSSRIやSNRIなどのお薬とはまた作用機序が異なります。
しかしエビリファイも急激に断薬・減薬すれば離脱症状を起こすことがあります

ここではエビリファイの離脱症状について解説しましょう。


スポンサーリンク


非定型抗精神病薬による離脱症状

離脱症状とは簡単に言えば、お薬を減らしたりやめたりしたときに出てしまう症状のことを言います。
抗精神病薬はその副作用の観点から現在は主に非定型抗精神病薬ひていけいこうせいしんびょうやくという新しい世代の抗精神病薬が使用されています。

<非定型抗精神病薬の種類>

  • セロトニン・ドパミン拮抗薬(SDA)
    • リスペリドン(リスパダール)
    • ペロスピロン(ルーラン)
    • ブロナンセリン(ロナセン)
  • 多元受容体標的化抗精神病薬(MARTAマルタ
    • オランザピン(ジプレキサ)
    • クエチアピン(セロクエル)
    • クロザピン(クロザリル)
  • ドパミン受容体部分作動薬(DSS:Dopamin System Stabilizer)
    • アリピプラゾール(エビリファイ

非定型抗精神病薬の離脱症状は大きく3タイプに分かれます。


  1. 精神病症状(過感受性精神病)
  2. 運動異常(錐体外路症状)
  3. その他の症状

精神病症状

精神病症状とは幻覚や妄想のようないわゆる陽性症状を指しますが、本来この陽性症状を抑えるために飲んでいた抗精神病薬をやめたり急激に減らすとかえって症状が出現してしまうのです。
過感受性精神病といって、これまでブロックしていたドパミンが急激に反応することででてしまう陽性症状でオランザピン(ジプレキサ)やクロザピン(クロザリル)での報告があります。

運動異常

運動異常については比較的多くの報告があります。

ジスキネジアといって無意識にあごを前後に動かしたり歯を食いしばったり、舌をねじるような動きをしたり、手が勝手に動いてしまうなどの症状がエビリファイの離脱症状として報告されています。

リスペリドン(リスパダール)では必要以上に多いまばたき、肩をぴくっと動かす、頭をふる、顔をしかめるなどのチックとよばれる症状や、ラビット症候群といって口の周囲の筋肉の比較的すばやい振戦(うさぎがえさをもぐもぐ食べているような唇の動き)の症状が報告されています。
ちなみにラビット症候群と同じような口の不随意な運動に遅発性ジスキネジアというものもありますが、これはラビット症候群と異なりもっとゆっくりな動きで、こちらは口のもごもごの他に舌や手足にも動きが出ることがあります。

クエチアピン(セロクエル)ではジスキネジア以外にじっとしていられない多動の症状や舞踏病といって手足をくねらせたりするような動きが見られた報告があります。

その他の症状

吐き気、嘔吐、めまい、発汗、意識がもうろうとする、動悸、不安、身体の痛み、頭痛、不眠、悪夢、眼のかすみ、震え、発熱などありとあらゆる症状の報告があります。

エビリファイによる離脱症状の例

海外の例ですが、61歳の男性でうつ病の治療をしている方でした。
通常の抗うつ薬で効果が認められず、エビリファイ5㎎という比較的少ない量を内服していました。

ところが自己判断で中止をして2日目にめまいを自覚しその後吐き気と不眠に悩まされました。
その他、筋肉がぴくっと動く感覚を自覚したり、不安や不快な感覚を感じていたのです。

その後2週間は症状が強くなったり弱くなったりを繰り返しながら消失したのです。

参考文献
Randy A. Sansone, Robert J. Sawyer. Aripiprazole Withdrawal: A Case Report. Innov Clin Neurosci. 2013 May-Jun; 10(5-6): 10–12.


スポンサーリンク


エビリファイによる離脱症状の対処法

様子を見る

通常離脱症状はお薬をやめたり減らして数日以内に起こります。
離脱症状がずっと続くことはなく、2週間~1ヶ月でおさまることがほとんどです。

軽い症状であればそのまま経過を見るのもひとつです。

お薬を元の量に戻す

あまりにも症状が強く日常生活に支障が出てしまう場合にはお薬の再開が必要です。
離脱症状の場合には再開すれば症状は治まります。

離脱症を起こさないために「断薬・減薬に注意!」

離脱症状は基本的に薬の量を減らす時に起こります。
特に勝手に自己判断で中止するのは危険です。

エビリファイには錠剤では1㎎、3㎎、6㎎、12㎎、24㎎と様々な規格があります。
自己判断で減薬や断薬は行わず、主治医と相談しつつゆっくり減らしていくのが基本です。

まとめ「エビリファイによる離脱症状」

エビリファイは抗精神病薬の1つです。
抗精神病薬も離脱症状といって、断薬や減薬時に様々な症状を起こすことがあります。

一般に、非定型抗精神病薬の離脱症状では幻覚や妄想といった精神症状を引き起こしたり、ジスキネジアに代表される不随意な運動がでてしまったり、その他めまいや吐き気などの症状を起こすことが報告されています。

通常は断薬したり減薬し始めて数日以内に症状が現れ、数週間で落ち着くかお薬を再開したり元の量に戻すと速やかに改善を認めます。
自己判断で薬の調整は行わず、必ず主治医の指示に従って行うことが重要です(やめたり、減薬したことをいわないと症状が再燃したと勘違いして一気に処方が変わってしまうこともあり得ます。)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントはこちらからお願いします

*
*
* (公開されません)

Return Top