躁うつ病とはどんな病気でしょうか?

躁うつ病はうつ病と同じく気分障害ですが、同じ病気ではありません。

躁うつ病には、「うつ」の状態だけではなく「躁」の状態もあり、このふたつの状態が周期的に交代して現れます。

躁の状態とはどんな状態でしょうか?

気持ちの変化
  • ものすごく気分が爽快
  • いつもより幸せ
  • いつもより自信が高まる
  • 過度に楽観的
  • 壮大な幻想
行動の変化
  • 落ち着きがない
  • 寝なくても平気
  • より饒舌(じょうぜつ)になる
  • 遠慮がなくなる
  • 変化を起こそうと計画する
  • 性生活が奔放になる
  • 飲酒喫煙が増える

躁状態とはうつ状態と正反対の状態で、2,3日から数週間続きます。

躁状態のとき患者本人はとにかく気分が良く前向きな気持ちで幸せなので、本人は病的な感覚を持ちにくいようです。

ですから、周りの人から見ると病的な気分高揚ですが、この時期に受診につながることはありません。

その後うつ状態に陥り、躁状態のときに自分がしてしまった事の重大さに気づき、受診にいたる場合が多いです。

躁うつ病は「双極性障害」とも呼ばれています

双極性とは、2つの「極」を持つという意味です。

「極」には方向性という意味があります。

双極性障害において気分が向かう2つの極は「うつ」と「躁」です。

ill-douzo-m2-l ill-nayami-m2-l

躁うつ病にはⅠ型とⅡ型があります

うつの時期があるのは、Ⅰ型もⅡ型も同様です。
双極性障害Ⅰ型・Ⅱ型
Ⅰ型:躁方向への気分変化が「躁状態」にいたるもの

Ⅱ型:「軽躁状態」にとどまるもの

躁状態のときと軽躁状態のときとで起きていることは基本的には変わりません。

躁と軽躁は程度や期間によって区別されます。

Ⅰ型とは、躁状態が一週間以上続き、社会的・職業的に著しい障害をきたして入院を要するようなものをいいます。

Ⅱ型とは、うつ状態の時期があるのはⅠ型と同じですが、躁の時期が軽躁状態にとどまります。

軽躁状態とは、躁ほど重篤ではない状態で、躁状態が4日以上続き入院を必要としない場合をいいます。

うつ病と躁うつ病、躁うつⅠ型とⅡ型の見極めは難しいといわれています。

光トポグラフィー検査は客観的な判断ができますので有用です。

正しい診断と適切な治療のために、早めにクリニックを受診しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします