「SNRI(セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬)」の記事一覧

SNRIの効果と副作用をわかりやすく解説 -医師が教える抗うつ剤-

SNRI(セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬)
SNRIの効果と副作用

SNRI(セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)は抗うつ剤の1つです。セロトニンのみならずノルアドレナリンを増強させることからSSRIより効果が高いとする意見もあります。しかし抗うつ薬ですから副作用もそれなりにでます。SNRIの種類や効果、副作用について解説します。

トレドミン錠の副作用について -医師が教える抗うつ剤-

トレドミン(ミルナシプラン)
トレドミン錠の副作用

トレドミンは2000年に発売されたSNRIというタイプの抗うつ剤です。抗うつ効果はマイルドですが副作用も少なめの抗うつ薬です。また肝臓の代謝酵素に影響しないため飲み合わせも悪くないお薬ですが副作用はないわけではありません。トレドミンの副作用について解説します。

トレドミン錠の離脱症状-医師が教える抗うつ剤-

トレドミン(ミルナシプラン)
トレドミン錠の離脱症状

抗うつ剤は中止したり減薬したときに不快な症状(耳鳴り、興奮、不安、うつ、だるさなど)が出ることがあります。これを離脱症状と言いますがトレドミンもその頻度は少ないながら例外ではありません。トレドミンの離脱症状について対処法とともに解説します。

サインバルタが効かない!?減薬と断薬-医師が教える抗うつ剤-

サインバルタ®(デュロキセチン)
サインバルタが効かない?減薬と断薬

サインバルタはSNRIに属する抗うつ剤で、うつ病・うつ状態に最初に処方されることが多い薬です。しかし初期の副作用や抗うつ効果が期待できないとき、改善が見られたときに減薬を考慮することになります。ここではサインバルタの減薬について解説します。

ページの先頭へ