「ルボックス(フルボキサミン)」の記事一覧

フルボキサミンマレイン酸塩錠の効果と副作用-医師が教える抗うつ剤-

ルボックス(フルボキサミン) デプロメール®(フルボキサミン)
フルボキサミンマレイン酸塩効果と副作用

フルボキサミンマレイン酸塩錠は「デプロメール」「ルボックス」のジェネリック医薬品です。抗うつ剤の中ではSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。ジェネリック医薬品は、効果は一緒ですが安価である点が魅力です。ここではフルボキサミンマレイン酸塩錠の効果と特徴、副作用について解説します。

ルボックスの離脱症状について-医師が教える抗うつ剤-

ルボックス(フルボキサミン)
ルボックスの離脱症状

ルボックスはSSRIに分類される抗うつ剤ですが、不安や強迫症状にも有効です。減薬・弾薬時には離脱症状に注意しなければなりません。この症状はシャンビリと呼ばれる独特な異常感覚やうつの再燃のような症状を呈します。ここでは離脱症状とその対応について説明します。

ルボックスを妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?【医師が教える抗うつ剤】

ルボックス(フルボキサミン) SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) 抗うつ剤
ルボックス(フルボキサミン)の妊娠授乳中の服用

女性にとって妊娠・出産は身体にも心理的にもストレスがかかり、ホルモンバランスの急激な変化も重なり、うつ病の発症や再燃の危険性が高まります。 このことは、母親にとっても子供にとっても悪影響を与えるため治療を必要としますが、・・・

ルボックス錠(フルボキサミン:SSRI)の用法 ・ 飲み合わせ【医師が教える抗うつ剤】

ルボックス(フルボキサミン) SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
ルボックスと用法相互作用

ルボックス錠は一般名フルボキサミンで、デプロメール、フルボキサミンマレイン酸も同様のお薬です。 この記事では用法および他の薬との相互作用について説明します。 相互作用についてはその他のSSRIと大きな違いはありませんが、・・・

ルボックス(SSRI)の副作用をわかりやすく解説します【医師が教える抗うつ剤】

ルボックス(フルボキサミン) SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
ルボックス副作用による吐き気

ルボックス(フルボキサミン)の主な副作用 副作用が起こる機序 治療作用をもたらしてほしい部位以外の脳や全身の臓器にルボックス(フルボキサミン)が作用し、セロトニン濃度が高まることが原因と考えられます。 例えば、睡眠中枢で・・・

ルボックス錠(フルボキサミン:SSRI)の効果と特徴【医師が教える抗うつ剤】

ルボックス(フルボキサミン) SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
ルボックス

ルボックスはSSRIというタイプの抗うつ剤の中で一番古いお薬で、強迫性障害や社会不安障害において威力を発揮します。 す。現在はうつ病に対しての処方の機会は限られますが、不安障害に対してはまだまだ現役です。ルボックスの効果や特徴などについてお話します。

ページの先頭へ