医者が教えない精神科のこと |メンタルクリニックDr's INFO | 精神科・心療内科

医者が教えてくれない精神科のことを医師がわかりやすく解説

家族に認知症の症状が出たらどうしたらいい?【医師が教える認知症】

このコンテンツは医学論文データベース「PubMedパブメド」とわたくし医師個人の経験をもとに、正しい情報をわかりやすく解説することをモットーにしています。
家族に認知症の症状が出たらどうしたらいい?【医師が教える認知症】

認知症の患者数は2012年(平成24年)に462万人、これは実に7人に1人が認知症であることを示しています。
高齢化は進み2025年には、約700万人に増加し5人に1人という計算になってしまいます。

現在の医学では認知症を治療するということはできないため、早期に診断することで早期対応をしていくことが周囲にとっても重要になります。

Dr.G
ここでは、認知症についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク


家族が認知症かもしれないときどこに相談すればいい?

もし認知症の疑いがあれば地域包括支援センターもしくは認知症疾患医療センターに相談してみましょう。
医療機関への受診を考えていて、どの医療機関に受診していいか分からない場合、認知症サポート医のいる医療機関もあります。

認知症サポート医とは

国立長寿医療センター研究センターが実施する「認知症サポート医養成研修」を受け、認知症患者の診療に習熟した医師です。認知症サポート医の役割は、地域医療に貢献する医師の認知症に関する相談・アドバイザー役となったり、地域包括支援センターとの連携、医師を対象とした地域での研修会などを主催・講演したりしています。

地域包括医療センターとは

中学校の学区をベースに1施設ごと設置されています。各センターには専門職員として、社会福祉士・保健師・ケアマネージャーが配置されています。以下の機能を持ちます。

  • 地域での予防推進:認知症のハイリスカーである軽度認知機能障害、閉じこもり、抑うつ状態の高齢者の認知症予防を推進
  • 早期発見・早期対忚:医療や地域のネットワークを通しての認知症の早期発見とその対策
  • 地域連携・ネットワーク作り:地域ケアマネジャー、医療機関、居宅介護事業所、介護施設、その他のインフォーマルな支援機関、行政等との連携ネットワークづくり。
  • 総合相談・スーパーバイザー:認知症ケアに関する一般相談ならびに行動障害や環境により在宅での介護が困難な状況がある例などの対策に対する助言、指導など
  • 虐待防止・早期発見、人権擁護:在宅あるいは施設の認知症者への虐待状況をいち早く把握し虐待を回避するためのマネジメントの実施。また後見制度の利用促進等の人権擁護に関するケアマネジメント。
  • 包括的・継続的ケアマネジメント:公平・中立の立場から地域ネットワーク社会資源を有効に活用し、個々の認知症者に対して、包括的・継続的なケアマネジメントを実施

認知症疾患医療センターとは

都道府県・指定都市が設置する機関で、人口30万人当たり、高齢者6万人当たり、認知症高齢者4800人当たりに認知症疾患医療センターが1施設になるよう目標が設定されています。一般病院や精神科病院にその機能が託されています。認知症疾患医療センターでは主に以下のことを目的としています。

  • 認知症の診断と初期対応
  • 症状や身体の合併症に対する急性期対応
  • 専門医療相談
  • 地域保健医療・介護関係者の研修

本当に認知症?そう診断するのはまだ早い可能性も!?

認知症

認知機能が悪くなって最近忘れやすいとか理解力がわるくなったからといって安易に認知症と思い込んでいないでしょうか?
病院に受診するときは必ず今飲んでいる薬を全部医師に見せるようにしましょう。
なぜなら薬が関連した認知機能の低下が見落とされるリスクがあるからです。

病院に受診してひとたび認知症と診断されるとこのレッテルはほとんど取られることなく今後を不安に悩まされながら生きていくことになってしまいます。
薬が関係していたのなら、薬をやめれば認知機能が戻るのです。

まずは内服薬をチェックしておきましょう。

どんな薬が認知機能を落とす?

老年医学会のガイドラインでは、抗ヒスタミン薬(アレルギー、花粉症の薬)H2ブロッカー(胃薬、ガスターが有名)ベンゾジアゼピン系薬(不安薬、デパスなど)が認知機能低下の恐れがあると指摘しています。
これらを内服すると認知症になるという意味ではなく、内服している間は認知機能が落ちるという意味です。

さらに精神神経学会による「認知症疾患治療ガイドライン」では血圧の薬や不整脈の薬、利尿剤、非ステロイド系抗炎症薬(鎮痛消炎剤、ロキソニンなど)、ステロイド、抗生剤、抗ウイルス薬などを挙げています。
漫然と何気なく飲んでいる薬にも飲んでいる間は認知機能を落とす可能性を患者サイドとしても認識しておくことは重要なのです。

こんな薬剤も注意が必要

  • 便秘薬
  • これらガイドラインには示されていませんが、実際の症例としてあるのは便秘薬アセトアミノフェンです。便秘薬そのもので認知機能低下が起こるというよりは、高齢で腎臓の機能が悪いために濃度が上がってしまって結果的に認知機能低下が起こることが多いのです。

    便秘で薬を飲んでいる方は酸化マグネシウムを飲んでいることが多いと思います。実はこのマグネシウム、腎臓が悪くて排出がうまくいかないと血中にたまっていってしまい、これにより認知機能が落ちたかのような症状を出すのです。しかも通常の採血では血中のマグネシウムが測定されることはないため、この薬を飲んでいることを言わなければ医師も思いもつかないはずです。

  • 痛み止め
  • もう一つ、アセトアミノフェンは商品名はバファリンとして有名です。ロキソニンなどの非ステロイド系鎮痛剤と比べれば、副作用は起こしにくいもののやはり頭はぼーっとしやすいため特に高齢者で漫然と飲んでいるときには気に留めておく必要があります。


スポンサーリンク


認知症とは

一度は正常に発達した認知機能が、脳の障害によって持続的に低下し(意識の障害はなく)、日常生活に支障をきたすようになった状態をいいます。

介護保険法での定義もあり、「脳血管疾患・アルツハイマー病、その他の要因に基づく脳の器質的な変化により日常生活に支障が生じる程度にまで記憶機能及び認知機能が低下した状態」としています。

老化による物忘れとは違うの?

記憶の障害がでるという点で同じですが、細かくみるとそれぞれに特徴があります。

加齢による記憶の障害では、行為や出来事の一部(例:鍵をどこかに置いてきたのは覚えてるけど、どこに置いてきたかな)を忘れます。そしてヒントを出せば思い出し、日常生活は著しく障害されるところまでは進みません。また思い出せないという頻度も一定で増悪する傾向はありません。

一方で、認知症では行為そのもの(例:食事したことや風呂にはいったことそのもの)を忘れます。しかもヒントを出しても思い出すことはありません(ただし認知症患者は取りつくろうことをします)。当然社会生活に支障をきたすほどに進行し、増悪していく傾向があります。また記憶の障害以外にも判断力の障害、見当識の障害(例:今日は何月何日、ここはどこ、あなたは誰など)、計算できない、字を書けないなども出てきます。

認知症と間違えやすい症状

認知症と紛らわしい病態びょうたいに「うつ病」と「せんもう」があります。
先にも説明しましたが、飲んでいる薬によって認知機能が落ちることがあるので、薬によって認知症っぽくなっているのかもという疑いは常にしておきましょう。

うつ病による認知機能障害の症状

認知機能以外にも、注意力・集中力も散漫になります。そしてこれらのことを過剰に意識します。さらにうつ病による症状である気分の落ち込みや倦怠感や睡眠障害などの症状も認めます。

何かの課題などに対し「わからない」「できない」などと諦めるような反応をし、認知症のように取りつくろうようなことはしないのも特徴です。
多くの場合、状況や環境などの要因が存在します。

せん妄とはどんな症状?

ひとことで言うと「頭が混乱した状態」です。症状としては注意力および思考力の低下、見当識障害、覚醒(意識)レベルの変動が特徴です。
主に医療機関で入院中に起こることが多いため、医療関係者でないと「せん妄」のイメージはわきにくいかもしれません。

発生要因は環境の変化が大きく、入院・集中治療室・手術後・施設入所時などが大半を占めます。どちらかというと、せん妄が生じたときに医療者側が対策を講じなければならないことが多い病態です。


スポンサーリンク


様々な認知症の種類と症状の特徴

以下のように細かく分類されますが、代表的な認知症の特徴を解説します。

  1. 神経変性疾患
    • アルツハイマー型認知症
    • Lewy小体型認知症
    • 前頭側頭葉変性症
      • 前頭側頭型認知症
      • 意味性認知症
      • 非流暢性進行性失語症
    • 進行性核上性麻痺
    • 大脳皮質基底核変性症
    • 嗜銀顆粒性認知症
    • 神経原線維変化型老年期認知症
    • 石灰沈着を伴うびまん性神経原線維変化病
    • ハンチントン病
    • プリオン病
  2. 二次性神経変性疾患
    • Niemann-Pick病
    • 亜急性硬化性全脳炎
    • Dementia pugilistica
  3. 脳血管性認知症

アルツハイマー型認知症

いつ・どこでといったエピソードを持つ記憶が不良(行動や約束を忘れる)で、もの盗られ妄想が有名です。
もの盗られ妄想とは、お金や財布、通帳が見当たらないときに身近な介護者(嫁、孫など)に盗られたと思い込みます。
自発性など意欲も低下していることも多いですがうつ病患者のようにそのことを苦しむ様子はありません。取り繕い反応も良く見られ、答えたり、できないのに「昨日はこうした、ああした」とか「買い物も料理もしっかりやっています」などと言います。

Lewy小体レビーしょうたい型認知症

幻視などの幻覚が存在し、動作が緩慢で転倒しやすく、睡眠時に行動の異常を伴う(レム期睡眠行動異常)があればLewy正体型認知症を疑います。
アルツハイマー病と異なる特徴は、エピソードの記憶の障害が目立たないことです。
もの盗られ妄想以外にも、Lewy小体型認知症では嫉妬妄想被害妄想を認めます(例:夫は知らない女を連れ込んでいる、知らない男がよく家に来て物を持って行ってしまう)。

誤認ごにんも特徴的で、介護者(嫁や孫)を誤認(「孫に似てはいるけど違う」と言う)したり、テレビの中でのことを現実にそこで起こっているかのように誤認します。

REMレム期睡眠行動異常
5,60代の男性に多く、パートナーと一緒に眠っている場合危害を及ぼす可能性もあります。睡眠の後半に起こりやすく、発声・ののしり・悲鳴や行動をし出します。認知症やパーキンソン病に先行して発症すると言われています。

前頭側頭型認知症

性格の変化や行動の異常を伴う場合に疑う認知症です。
社会的に不適切な行動(万引きなど)や周囲に無頓着でマナーのない行動をとります。また単純動作を繰り返したり、何かに強迫的に固執したりします。食習慣の変化も見られ過食したり食べられないものを食べようとしたり、喫煙、飲酒欲求が強まったりすることもあります。

脳血管性認知症

認知機能障害が脳卒中に関連するものを言います。アルツハイマー型認知症に比べ、記憶の障害は軽度です。
早期から尿失禁や歩行障害を起こすことも少なくありません。

背景に糖尿病や高血圧があること多く、小さい脳梗塞でも多発することで進行していきます。
大きな脳血管のイベントが起これば一気に悪くなることもあります。
アルツハイマー型認知症では機能の低下がなだらかに進行していくのに対し、脳血管性認知症では階段状に一気に悪くなることを繰り返しながら進行していくことが多いです。

治療可能な認知症が存在する

認知症はアルツハイマー病が6割弱、血管性認知症(脳梗塞・脳出血などに伴う)が2割とこれらで認知症の約8割を占めます。認知症というと基本的には治療はできずに、せいぜい進行を抑えるくらいというイメージが強いと思います。

しかし、治療可能な認知症も存在します。
抑うつ状態・薬物・アルコール、栄養状態が不良(ビタミン欠乏)が代表ですが、中には慢性硬膜下血腫まんせいこうまくかけっしゅと言って頭を怪我して、知らないうちに脳の外側の膜(硬膜こうまく)のところで出血しておりゆっくりと脳に障害を与えて徐々に認知機能障害がでてくるものもありますので、こういった治療可能な認知症を診断することはとても大事になります。

ただ、最近の傾向として治療可能な認知症の割合は減ってきています。

参考文献
Clarfield AM. The decreasing prevalence of reversible dementias: an updated meta-analysis. Arch Intern Med. 2003 Oct 13;163(18):2219-29.

慢性硬膜下血種

頭部外傷後、数週間から数か月を経て症状が出現してきます。大抵は頭を怪我したことを忘れたころに症状がでてきます。
怪我した当初にCTなどで頭を確認しても出血が明らかにならないことも多く、実は頭の中でじわじわと出血が起こっていたために起こります。

ある程度の血腫けっしゅ(血の塊)の大きさになってはじめて症状がでます。初期には頭痛やめまい、注意力散漫程度だったものが、だんだん血腫が頭の中でもっと大きくなってくると歩行困難になってきたり傾眠傾向がでてきます。
大きさによっては麻痺がでてくることもありますが、血腫の大きさによっては認知機能の障害程度にとどまることもあります。血腫を取り除くことで治療可能です。

特発性正常圧水頭症

認知機能障害の他、歩行の障害や排尿障害も伴います。
水頭症すいとうしょうというのは通常脳の中で水が溜まった状態をいいます。
水といっても、髄液ずいえきといって脳で産生される水です。通常は500mlくらいのペットボトル1本分の量の髄液の中に、脳は浮いている状態で保護されたり栄養されたりしています。

何らかの原因で髄液がたくさん作られたり、吸収が遅れると脳の中で髄液が過剰になり脳に影響を与えます。
普通は、脳腫瘍で通り道がふさがれたり、くも膜下出血で吸収しにくくなったりと二次的に起こるのですが、特に原因がないのに水が溜まりすぎて症状がでるものを特発性-正常圧-水頭症といいます。これもCTで確認することで診断し、余分な髄液を廃液できるようにすることで治療できます。

ビタミン欠乏症

ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB12などの欠乏によって認知機能障害があらわれます。
ビタミンB1欠乏による認知機能障害に、眼球運動障害や歩行失調などが加わったものをWernickeウェルニッケ脳症と呼びます。

悪性腫瘍で状態が悪かったり、手術で消化管を切除していたりしない限り、極端に偏食(カップラーメンだけで生活など)しない限りは通常起きません。気を付けなければいけないのはアルコールを多飲する方でのビタミンB1欠乏です。
ビタミンを補充することで治療可能ですが大酒家では、断酒しない限りたびたびビタミン欠乏状態を繰り返します。

甲状腺機能低下症

集中力の低下や記憶の障害、抑うつ症状がでます。
こういった中枢神経の症状以外にも、疲労感や寒がり、便秘、体重が増えるなどの身体症状も通常伴います。採血で甲状腺に関連するホルモンを測定することで診断がつき、甲状腺ホルモンを補充することで治療可能です。

喉のところに甲状腺はありますが、必ずしも甲状腺が腫れたりするわけではありませんので採血でホルモンを確認しないと診断がつかないことが多々あります。

まとめ

認知症は不可逆的な経過をたどることも多く、適切な時期に、適切な診断がなされ、ケアや治療に結び付けていくことが重要です。

また実は認知機能の低下が認知症ではなく飲んでいる薬が悪さをしているかもしれないというのは意外と盲点です。
飲んでいる薬が何かわからないまま来られる患者さんもまだ少なくありません。
医療機関に受診する際は、必ず内服薬を提示する癖をしっかりつけておくのが大切です。

認知症に話を戻しますが、日本でも2015年に認知症施策推進総合戦略「新オレンジプラン」が閣議決定されました。
ここでは①地域包括ケアシステムの実現と、②認知症とともに暮らせる社会をつくるという2つのコンセプトのもと、7つの柱が掲げられました。

  1. 認知症への理解を深める「普及・啓発の推進」
  2. 適切な医療・介護の提供
  3. 若年性認知症施策の強化
  4. 介護者の支援
  5. やさしい地域づくり
  6. 研究開発
  7. 認知症の人や家族の視点の重視

今後迎える高齢化社会において認知症は決して無視できるものではなく、治療できる認知症を見逃さないことと、治療できない認知症の人や家族をどう支援していくかという視点が大事です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

コメントはこちらからお願いします

*
*
* (公開されません)

Return Top